『心と体と』(2017)

夢のシーンで鹿が出てきます。

その鹿のシーンは実写だそうです。技術的にはCGでも作れる場面ですが、実写で撮影したというのは重要なことだと考えます。現実的には製作コストの比較やハンガリー映画界の事情もあるかもしれませんが、実写であることで別の考えが浮かびました。

それは、どちらが本物かということです。

本当は鹿がリアルで、人間になる夢を見ているのかもしれない。

本当は鹿である彼らが人間になる夢を見、夢の中で食肉加工工場で働いていると考えると、食肉工場であることにもっと意味が出てきそうです。

現代風な言い方でいうと、鹿のアバターが彼らであると見ると、これはまたすごい映画だなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です